ド素人が挑戦するSphere Engineミッション自作

ド素人によるSphere Engineのミッション自作について書いていきます。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久々の更新

Category: Raiders Sphere  
はい。ひっっっっっっっさびさの更新です。
忙しくて全く更新する暇がなかったというのは言い訳ですハイ。
スクリプトはいじっていましたからね。
ここ一ヶ月で私自身は何とかまともなミッションを組めるくらいにはなりました。
全てはRaidersSphere界隈の方々のおかげであります。
というわけで、私もド素人目線でド素人の皆さんの役に立てたらいいなと思いつつ、今回は
サンプルミッションをいじってみましょう。
サンプルミッションはRaidersSphere3rdのrs3editフォルダに格納されています。
その中のsample_newscript2の名前がついたファイルたちが今回いじるスクリプトファイルになります。
.spt.rse.plcの拡張子が付いているファイルがそれです。
覗いてみればだいたい分かると思いますが、.sptファイルがミッションの挙動を、.rseファイルがブリーフィングやミッションのシチュエーションを、.plcファイルがミッションで使用するユニットの配置を司っています。
まずはこのファイルの中身を自分で一読し、値などをいじってみるところから始めましょう。
これはユニットの性能をいじった時と同じです。自分で触れてみるのが理解への最短距離と言えます。
ファイル内には解説も書いてありますし、中学校レベルの英語が理解出来ればスクリプト本体の理解もそこまで苦ではないと思います。
特に.sptファイルがミッション動作の要となります。
内容をよく読み、どの命令文がどんな動作をもたらすのか、しっかりと理解する必要があります。
なお、この命令文などの説明は
http://dl.dropbox.com/u/18537754/system.inc_dl.html
http://dl.dropbox.com/u/18537754/mission.inc_dl.html
http://dl.dropbox.com/u/18537754/mission.inc.html
を読んでおくと非常に捗ります。
あとはRS3rdを参考にしつつ、自分でいじってみるのが良いです。
とまあ今回はこんな感じにしておきましょう。

スポンサーサイト


ツールを紹介してみたり

Category: Raiders Sphere  
前回はいきなりユニットの数値をいじってみたわけですが、今回は、スクリプトをいじったり、ミッションを自作するのに非常に便利なツールをご紹介したいと思います。
まずは、スクリプトを覗いたり、ちょっといじってみたい、というときにも便利な
サクラエディタ(クリックでリンク先へ)
フリーのテキストエディタなので、無料でご利用頂けます。
メモ帳環境からこのサクラエディタ環境に移ると、その見やすさと便利さにビックリするはずですw
しかし!世の中にはSphere Scriptに特化したさらに素晴らしいエディタがあります。
それがRSEclipseです。
どんなツールなのよ!?
その説明は、Sphere Scriptの魔術師ことJoJo氏の
『RENA』のチラ裏 《スクリプ講座 第2回》開発ツール
でされています。
つまりRSEclipseは、ミッションの自作パッケージを本格的につくろうとしたときに、強力に開発者をサポートしてくれるツールというわけです。
しかし、自作初心者にとって、RSEclipseを使うことの最大の利点は
間違っている場所を指摘してくれる
というところ。あらやだ何という親切設計!
どちらも非常に便利なツールですので、是非導入することをおすすめします。
ところでこのJoJo氏の《スクリプ講座》、初心者でも分かりやすく、順序良くまとめられているので、是非一読することをおすすめします!良い勉強になること間違いなしです。


何から手をつけるか

Category: Raiders Sphere  
さて、スクリプトをいじってみようとは思ったものの、何から手を付けたらいいか分からない。JavaScriptの入門書でも買ってきて文法習ってからのほうがいいの!?と考える人もいるでしょう。かくいう私もその一人で、最初は中古で入門書でも買ってこようかと思っていました。
しかし、そのことをTwitterで呟いていたら界隈のとある方から一言。
「 いやもう既存のコードの数字いじって遊ぶ所から始めちゃいなよ」
というわけで、まあ恐らく一番簡単であろう、RS3に登場するRaidersの数値をいじって強くしたり弱くしてみたりしよう、となったわけです。
じゃあ具体的にどうするの?
まずはRaidersSphere3rdのフォルダを開いてください。
その中に、「RaidersSphere3rd.rsp」「rs3unit.rsu」というファイルがあるはずです。

無題24

見つかったら、こいつらをコピーして、RaidersSphere3rdフォルダ内にそのまま貼りつけてしまいましょう。Windows7であれば、
「RaidersSphere3rd - コピー.rsp」「rs3unit - コピー.rsu」
と言った風にリネームされて貼りつけられます。
さあ、これで準備はそろっ・・・てなーい!
実はもう1つだけやることがあります。
そのために、今しがた貼りつけた「RaidersSphere3rd - コピー.rsp」を、プログラムから開くでメモ帳を指定して開いてください。もしもテキストエディタがインストールされているならそれでも構いません。
開いたら、一番下までスクロールして、「ユニットパラメータ指定」というところを見てください。そこに
;rs3unit.rsuを読み込む。
#include rs3unit.rsu

とあるはずです。
無題25
見つけたら、
#include rs3unit.rsu
を、先ほど貼りつけたファイル名「rs3unit - コピー.rsu」を使って、
#include rs3unit - コピー.rsu
というように変更してください。
無題26
何故こんなことをするのでしょうか。
ヒントはincludeという英単語です。これは日本語で"取り込む"といった意味です。
つまり、#include rs3unit.rsuというのは、
rs3unit.rsu というファイルを読み込め
という命令を意味しているわけです。そのため、こいつを
#include rs3unit - コピー.rsu
と変更しないと、「rs3unit - コピー.rsu」を読み込んでくれないのです。
さあ、ここまで来たら準備完了です。
それでは、「rs3unit - コピー.rsu」を、先ほどと同じようにメモ帳で開いてみてください。すると、ズラーッと下の方まで、ユニットの情報が記述されているはずです。
そこで、自分が気に入っている機体を見つけて下さい。

無題27

ここまで来れば、何処をいじれば機体の性能が変化するか、なんとなく分かりますよね?
そうです、横に「安定性」「旋回性」などと書いてある数値をいじればいいのです。
ここで数値を自由にいじったら、上書き保存してください。
さて、数値をいじったらあとは実際にゲームをプレイして、機体性能がどのように変化したのかを確かめるだけです。
Raiders Sphere 3rdを起動し、以下の画面で
「RaidersSphere3rd - コピー.rsp」
を選択して起動してください。

無題28


適当にミッションを選んで先ほど数値をいじった機体で遊んでみたらあらビックリ!
いじった数値に応じて、機体性能が変化しているはずです。
色々試してみて、どこまで大きい数値が反映されるのか、など、試してみると面白いですよ。

ということで、今回はこんなトコロです。
面白い!と感じたら、知識を吸収する速度がグッと上がるはずです。
まだ先は長いですが、のんびりやっていきましょう!


というわけで

Category: 自己紹介  
ブログ、開設。

はじめまして、才谷梅太郎と申します。

ブログ紹介文にも書いてあるとおり、全くのド素人、スクリプトのスの字も知らなかった私が、Sphere ScriptをいじくりまわしてRaiders Sphereのミッション自作に挑戦していくさまを書いていこうと思います。

 私のように、スクリプトなんか知らないけど、Sphere Engineを使ってミッションを作ってみたい!という方の参考にでもなれば幸いです。どうせ作るんだったらスクリプトをいじりだした時点で作るべきでしたね。といっても、ド素人に変わりはありません。いじりだしてからまだ一週間ほどです。

 Sphere Scriptは、一見難しそうに見えて、実はミッションをちょっと作って動かすだけなら私のような素人でも出来るほど簡単です。

 実際、素人目でスクリプトをいじくり回してみると、数式のように合理的で単純なことが分かって、とても面白いです。そういった、「分からなかったものが分かるようになる」という喜びが味わえるのも素人ならでは。

 ミッションを作ってみたいけど、難しそうだから、と手を付けていないそこのあなた!
諦めないで、私と一緒にチャレンジしてみましょう!千里の道も一歩から、です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。